「ランチ」

昼のランチに工事マンの人たちが来店。

大盛りで、きれいに食べてくれるので、

とても気持ちがいいです。

料理人にとって、残さず食べてくれるのが何よりです。

おいしかったと言いながら、器に残っている料理を見ると、

悲しくなってしまいます。

でも、それも励みにもなるのです。

                  まだまだ、改良の余地があるのだと。